エンジニア未経験でも評価される2つのIT資格

みんなに共有する

昨今はIT系の仕事が中心となってきており、どんな仕事でもパソコンを使えるだけで優遇されることは多いでしょう。最近ではIT系の仕事であるWEB制作や、プログラマーという仕事をしたいなと思っている人も多いです。

ということで、今回はエンジニアを目指す方向けに、取得していたら就職に有利になれるオススメの資格をご紹介していこうと思います。

心構え的なやつ

実際に私も建築業界からIT業界に転職した際に、状況に応じて様々な資格取得の勉強をしてきました。
資格なんて関係なく、技術さえあればいいという方もいるかもしれませんが、てっとり早く知識や技術があることを示せるのが資格の魅力でもあります。そこに技術があることを証明できれば、信用度は格段にあがることでしょう。

特に未経験で、新しく業界にチャレンジするような方であれば資格は是非ともとったほうがよいです。資格をとっておけば実際に仕事をしても、経験はなくても知識があるので覚えるスピードも全然違ってきます。また教える方からしても、この資格を勉強しているから、こういった仕事を任せられるといった具合に指標にもなることがあります。

情報処理技術者試験

IT系の資格は、企業が発行しているベンダー資格と、国が発行している国家試験の二種類があります。そんな中で、古くからあり最も受講者が多いであろう有名な資格です。WEB制作や、プログラマーを目指そうとすると、まずはじめの登竜門的存在な資格としてこの資格に出会うこととなるでしょう。

この資格はPCの基本的な知識から、プログラミング言語の理解などを要求されます。試験は午前と午後に分かれており、それぞれ基本と応用といった具合に、自分で考えて回答するような問題もあるので、試験勉強も一夜漬けでは対応できないような内容になっています。
だからこそ、長きにわたって勉強して知識を深めることができるので、本来の資格を持つための条件を満たすことができるかと思います。

特にIT系の分野というのは専門用語や数学を必要とするような場面もあり記憶だけでは対象できなような箇所もあるので、体系的に学ぶことはとても重要かと思います。

Webクリエイター能力認定試験(サーティファイ)

プログラマーになる前にもっと基本的にWEBサイトを作ってみたいという方なら、この資格はオススメです。

プログラミングでもHTMLで多少のコーディングをすることはありますが、がっつり作成はできないという方は案外います。ただプログラミングもコーディングも出来れば、WEBサイト制作の知識も断然深まりますので、是非勉強することをおすすめします。

HTMLやCSSを学ぶとすぐに画面に反映されることから、成果がでるのが早く、モチベーションを維持しやすいところにあります。また、ただコーディングでも勉強していけば奥が深いことに気がつくかと思います。HTMLもHTML5というものがあり、昔に比べてCSSを使わなくても出来ることが多くなりました。記述方法がシンプルになり、便利なタグが出たことでWEB制作がより快適なものになりました。そしてCSSにもBootstrapといった機能を使うことによって、スマホ対応へのデザイン変更がよりスタイリッシュで簡単になりました。

古い企業なんかは、まだまだスマホに対応できていないというところも多いので、HTMLとCSSを覚えてBootstrapでスマホ化が出来るというだけでずいぶん仕事があると思います。実際に私もWEBデザイナーの仕事は一度離れたのですが、今でもそういった依頼がくることが多いです。

プログラミングと比べると、やや難易度は低いですが、需要ある仕事にありつけることがありますので、WEBクリエイター試験で資格をとりそういった仕事からはじめてみるのもいい考えかもしれません。

最後に

いかがですか?

今回紹介したものはあくまでも全て入門編というものが多いですが、IT系の資格のなかにはまだまだ難易度が高いものが沢山あります。

そしてその中でも国家資格に関しては要求されるレベルも高く、受講資格といった制限もあったりします。試験内容には英語で答えるようなものも存在するようです。また、昔と違い人生で一回資格取得したから、よかったというのは無くなり資格を取得してから数年後に更新という作業があるものが増えてきたようです。

資格をとっても、その時の試験内容での合格基準は時代がかわると通用しなくなるので、毎度更新をして資格に見合った知識や技術を自ら更新して保ち続けれているかを試されるようです。
費用もなかなかの価格がしますが、それだけ難易度があがっている為、その資格の価値もあがり、保有するメリットも多いでしょう。

確かにいつまでも古い資格を持っていて勉強をサボっていては、資格を持っている意味がありませんし、その資格の存在価値もあまりないように感じます。苦労して取得して、再度勉強して大変になったと思う気持ちもありますが、技術を更新して未来をよくしていってるというポジティブな考えで捉えるべきでしょう。

スポンサーリンク

みんなに共有する

最新情報を受け取る

スポンサーリンク